広島県の早期離職対策の講演会-商工会議所や中小企業経営の早期離職を防ぐ人気講演会講師。広島県の早期離職対策の企業講演会














会社案内


商工会議所講演会・企業講演会の人気講師


会社再建への事案


■モラルの低下

ルールとモラルの違いを知る
モラルは、私たちが目指すべき中心点です。中心に近ければモラルが高く、同心円状に離れていくほどモラルは低くなります。

ルールは、モラルからこれ以上離れてはいけないという限界を示す境界線です。ルールは、守るか守らないか。一線を越えたらアウトです。

コンプライアンスが叫ばれる昨今、国や企業は以前に増して多くのルールを導入するようになりました。これはあまり望ましい状況ではありません。ルールが強調されると、境界線上の内側ぎりぎりのところに立つ人が増えます。モラルの中心から離れているのに、「ルールは守っているから問題ない」といって平気な顔をする人が増えるのです。

優先すべきは、ルールよりモラルです。


業績が悪い企業ほど風紀が乱れている
・まずは挨拶が返ってこないことから始まります
・社員の服装の乱れも気になります
・トイレや廊下などの共用部分の電気が切れたままになっている
・エレベーター内や共用部分での私語や仕事の話も目立ちます

モラルの低下も象徴的
・喫煙場所以外での喫煙になります
・禁煙のはずの会議室が異様にタバコ臭かったりします
・使われていない会議室で寝ている社員がいたり
・机の汚れやゴミの散乱が目立ったり
・非常階段などの目につかない所で携帯電話を片手にサボっている社員

特に若い社員はベテラン社員の陰の努力などは見ず、悪い部分ばかりを率先して真似します。

企業における「割れ窓」の出発は挨拶ができていないことであり、また軽微な風紀の乱れは挨拶運動で防げることが多いはずです。


参考文献
プレジデントオンライン:なぜ、ルールの多い組織では仕事の質が低くなるのか
ダイヤモンド社書籍オンライン


早期離職対策の講演会 商工会議所・商工会エリア

 広島県、広島の商工会議所や商工会で可能です。


早期離職対策の講演会 商工会議所・商工会の人気講師

 講演会は、会社再建の実体験を通して、組織のしがらみへの警鐘です。
 広島県、広島の商工会議所や商工会で可能です。

 「会社への不信感が不正を起こす」「社員教育でV字回復」など
 具体的な事例をお話させていただきます。

 出る杭は打たれる、組織のしがらみ、社員の目線を通して
 企業再建への警鐘を実体験を熱くお話しさせていただきます。
 商工会議所・商工会で早期離職対策の講演会はこちら>>


広島県商工会議所・商工会の講師 広島県の早期離職対策の講演会講師



| ホーム |  笹岡郁子とは? | 実 績 | お客様の声 |  マスコミ掲載 |  お問い合せ | プライバシーポリシー 会社案内 |
Copyright 2017 商工会議所講演会・企業講演会・商工会講演会 早期離職対策の人気講師 All Rights Reserved.