鹿児島県の早期離職対策の講演会-商工会議所や中小企業経営の早期離職を防ぐ人気講演会講師。鹿児島県の早期離職対策の企業講演会














会社案内


商工会議所講演会・企業講演会の人気講師


会社再建への事案


職場のパワハラ

職場のパワーハラスメントの定義
職場のパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義をしました。

この定義においては、
・上司から部下に対するものに限られず、職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当すること
・業務上必要な指示や注意・指導が行われている場合には該当せず、「業務の適正な範囲」を超える行為が該当すること
を明確にしています。

職場のパワーハラスメントの6類型
上記で定義した、職場のパワーハラスメントについて、裁判例や個別労働関係紛争処理事案に基づき、次の6類型を典型例として整理しました。
なお、これらは職場のパワーハラスメントに当たりうる行為のすべてについて、網羅するものではないことに留意する必要があります。
1)身体的な攻撃:暴行・傷害
2)精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
3)人間関係からの切り離し:隔離・仲間外し・無視
4)過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
5)過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6)個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること


パワハラ相談者たちから業務内容の指示や、過去に行われた業務の叱責といった形をとって発言されている場合が多い。

つまり「問題の言葉」は、形の上では「仕事の上で必要だったから」という装いをまとっているだけに厄介な問題をはらんでいる。

“言葉の暴力”を受けた人が「そこまで言うのはひどいじゃないですか」と言っても、「仕事だから仕方ないだろう」と言われてしまえば、話しはそれで済んでしまいかねない。

参考文献
・厚生労働省ホームページ「職場のパワーハラスメントについて」
・「それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか」笹山尚人著

早期離職対策の講演会 商工会議所・商工会エリア

 鹿児島県、鹿児島の商工会議所や商工会で可能です。


早期離職対策の講演会 商工会議所・商工会の人気講師

 講演会は、会社再建の実体験を通して、組織のしがらみへの警鐘です。
 鹿児島県、鹿児島の商工会議所や商工会で可能です。

 「会社への不信感が不正を起こす」「社員教育でV字回復」など
 具体的な事例をお話させていただきます。

 出る杭は打たれる、組織のしがらみ、社員の目線を通して
 企業再建への警鐘を実体験を熱くお話しさせていただきます。
 商工会議所・商工会で早期離職対策の講演会はこちら>>


鹿児島県商工会議所・商工会の講師 鹿児島県の早期離職対策の講演会講師



| ホーム |  笹岡郁子とは? | 実 績 | お客様の声 |  マスコミ掲載 |  お問い合せ | プライバシーポリシー 会社案内 |
Copyright 2017 商工会議所講演会・企業講演会・商工会講演会 早期離職対策の人気講師 All Rights Reserved.