山形県の早期離職対策の講演会-商工会議所や中小企業経営の早期離職を防ぐ人気講演会講師。山形県の早期離職対策の企業講演会














会社案内


商工会議所講演会・企業講演会の人気講師


会社再建への事案


■凝り固まった常識

「非まじめ」なアイデアのつくり方
本田技研工業の創業者である本田宗一郎さんは、生前に「不常識を、非まじめにやれ」と語っていたそうです。そう、奇しくもロボット工学の第一人者、森政弘先生と同じ「非まじめ」です。

本田宗一郎さんの慧眼は、「非常識」を否定されていたことです。

単に「非常識=めちゃくちゃ」なことをやっても、なにも生まれない。非常識ではダメだ。めちゃくちゃなことをするのではなく、常識の枠を越えた「不常識=新しい常識」をつくるのだ。そして新しい常識をつくるためには、頭でっかちにならずに「非まじめ」な自分でいることが重要なのだ、と。

(1)違う「テーマ」を考える
(2)違う「方法」を考える
(3)違う「結果」を考える


「業界の常識」を疑え!
強いチームをつくるうえで、まず必要なことは、「業界の常識を疑うこと」です。世の中にあるさまざまな業界、業種には、そこだけで通じる常識があります。中にいると気づかないかもしれませんが、その常識は、世間の常識と比較すると、ときに非常識と思えるものや時代遅れになっているものがあります。

同じ場所に長くいると、時代の変化に気づかないだけでなく、気づこうとさえしなくなります。そういう組織だと、仮に新たな指導法があっても、「ああいうものはダメだ」と試すことも、調べることもせずに否定し、拒絶してしまいます。

人は結果をすぐに求めたがりますが、強いチームをつくるための土壌、つまり環境を整えるには相応の時間が必要です。そして、その土壌ができれば、誰が監督になっても強いチームであり続けることができます。

参考文献
ダイヤモンド社書籍オンライン:「非まじめ」なアイデアのつくり方
東洋経済オンライン:青学・原監督が明かす「強いチームの作り方」


早期離職対策の講演会 商工会議所・商工会エリア

 山形県、山形の商工会議所や商工会で可能です。


早期離職対策の講演会 商工会議所・商工会の人気講師

 講演会は、会社再建の実体験を通して、組織のしがらみへの警鐘です。
 山形県、山形の商工会議所や商工会で可能です。

 「会社への不信感が不正を起こす」「社員教育でV字回復」など
 具体的な事例をお話させていただきます。

 出る杭は打たれる、組織のしがらみ、社員の目線を通して
 企業再建への警鐘を実体験を熱くお話しさせていただきます。
 商工会議所・商工会で早期離職対策の講演会はこちら>>


山形県商工会議所・商工会の講師 山形県の早期離職対策の講演会講師



| ホーム |  笹岡郁子とは? | 実 績 | お客様の声 |  マスコミ掲載 |  お問い合せ | プライバシーポリシー 会社案内 |
Copyright 2017 商工会議所講演会・企業講演会・商工会講演会 早期離職対策の人気講師 All Rights Reserved.