早期離職対策の講演会-商工会議所や中小企業経営の早期離職を防ぐ人気講演会講師。早期離職対策の企業講演会講師














会社案内



1965年 高知県生まれ

高校卒業後、米国化粧品会社の営業社員として百貨店に勤務。その後転身して、日商2級取得し経理畑12年。 会社の鏡として映し出される経営管理の仕事にのめり込む。

大手派遣会社の管理部門に勤務時代、新システム立ち上げのプロジェクト責任者となる。

2000年に入社した大阪の中堅外食企業では、半年後に経理係長、1年後に会社再建の経理課長へと昇進。

企業の体力である人材育成を提唱し、会社の改革に取り組んで実績を残す。 企業改革の実体験を通して、独自の人材育成理論を確立。

2003年、有限会社ノモ・ソリューションを設立。介護リーダー研修、いじめ講演会講師。
実体験を通した10代の代弁者として、全国から講演依頼があとをたたない。


著書にマスコミで話題となった自叙伝「十五歳の決断」がある。
中学3年生の春、著者は脊柱そくわん症を発病した。
手術か養護施設かで悩み、やがてその後の人生に大きく影響する決断をする。障害、そして偏見と闘いながらも心の痛みから積みくずしのように非行に走った多感な青春時代。

その経験が、やがて社会に出てから負けず嫌いのエネルギーとなった。学歴がなくても、ワルをやっていても、自分の会社をつくり人生を逆転させた。波乱に満ちた痛快奮闘記である。


「ノモ・ソリューション」という社名には

メジャーリーグに立ち向かった野茂英雄投手から名づけて

自分の人生は自分で切り拓く人材を育てていくという、強い意志が込められています。


1995年アメリカに渡り彼は、メジャーリーグのマウンドに立った。
あの時の感動を今も忘れない。
そして、あの時のバッシングを、今も忘れられない理由があります。

会社勤務時代、困難を避けては会社は変われない。
向かっていくたびに厳しい批判の嵐でした。
その批判を聞いていては、前に進めない。志がゆがんでいく。そして成長が止まる。

人のせいにして歩みをとめる事ができるが、会社の“これから”を考えると、自分に
受けるバッシングぐらいで立ち止まれなかった。
そんな時、彼の勇姿をメディアで知るたびにエネルギーを充電していったのです。
 
1995年新人賞受賞
1996年ノーヒットノーラン
 
この年11月に日米野球で凱旋を果たしスポーツ紙に一面に
「あれから2年、すべての人が言うはずだ。お帰りなさい。野茂英雄」と迎えた。
 
メジャーに挑戦する前はひどいことを言われたりもしたけど、
彼は「外野が言っているだけ。雑音は関係ない。」いつもと変わらない。
彼の精神的な強さを、私はいつも学んでいました。

人の目を気にし過ぎて、自分の志を置いてきぼりにしたり、自分で悩みを肥大する
こともありました。でも彼の姿で何度も救われました。
 
2000年開幕投手
2001年2度目のノーヒットノーラン
2003年メジャー100勝達成。
 
そして
2005年、日米通算200勝達成。
 
偉大な記録を樹立しても変わらないから、彼の魅力と野球を愛し続けているのです。
 

| ホーム |  笹岡郁子とは? | 実 績 | お客様の声 |  マスコミ掲載 |  お問い合せ | プライバシーポリシー 会社案内 |
Copyright 2017 商工会議所講演会・企業講演会・商工会講演会 早期離職対策の人気講師 All Rights Reserved.